HOME>トピックス>専門的なプロに頼むことで解決する様々な問題

明確な料金体系

男性弁護士

相続税申告は相続専門の税理士に依頼した方が良いでしょう。その中でも料金は明確に提示している所を選びます。一般的に多いのが相続した財産総額が、4000万円までなら税理士への報酬は15万円というものです。ただこの金額は相続人が1名の場合や不動産を所有していない場合に限ります。

経験豊富と歴史

男性弁護士

相続税申告は税理士の選び方により相続税の価格が大きく変化します。経験豊富な税理士に相談すれば相続税を最小限に抑えてくれてくれるので安心です。遺言の作成や申告後の手続きなどを依頼するときも相続の関しての長い歴史と、実績を持ち相続専門の知識とサポートが充実している税理士を選びましょう。

専門家同士の提携

相続税申告は税理士にも専門分野があるので、遺産の継承は相続専門税理士にまかせましょう。また高品質な申告サポートを提供してくれる税理士を探します。探し方として税理士以外にも弁護士や司法書士、不動産鑑定士や土地家屋調査士などの専門家と提携している税理士を探しましょう。

相続の注意点

相続税申告の初心者の場合は相続専門の税理士が細かくサポートしてくれるので便利です。相続の税額が発生しない場合でも名義変更は必要です。このような場合や複雑な遺産整理手続きもサポートします。そして相続税申告の期限は故人が亡くなってから10ヶ月と定められています。この期間を過ぎてしまうと、税務署から強制的な調査や滞納税が課せられることもあるので注意が必要です。

広告募集中